稼ぎ方

売上や財産のハイスコアゲームをやめる。

脱ハイスコアゲーム

やめることシリーズの1つです。

事業や投資をしていると、だんだんハイスコア(最高点)をとることが目的になって、

  • もっと売上を増やそう
  • もっと財産を増やそう

というハイスコアゲームになりがちです。

しかし目的が他のところにあるなら、いつの間にかその目的を達成するための「手段」が、目的に変わっているので危険です。

売上と財産は承認欲求を満たすのか?

承認欲求を満たすために、売上や財産をアピールするケースもあるでしょう。

しかし、世の中には上には上がいます

自分が売上5,000万円だと言えば、同じ業界で売上1億円を達成した人がいる。

自分が財産を1億円にしたと思ったら、隣に2億円もっている人がいる。

上を見ればキリがないのは、昔から言われることです。

コオロギレベル

自分がこのことを強く感じたのは、とあるアフィリエイトの会に参加したときです。

当時、アフィリエイトの売上が月100万円を超えたばかりで、自分の中ではすごい方だと思っていました。

しかしアフィリエイトの会には月8桁の方がゴロゴロいて、

「月100万円って、この方たちから見たらコオロギレベルだな・・・」

と思いました。

なぜコオロギだと思ったのかは今でもわかりません。

しかし、とても謙虚な気持ちになったのを覚えています。

このときに売上アピールしても虚(むな)しいなと思ったのは、良かった気がします。

自分の軸が決まると他人はどうでもよくなる。

自分の人生の目的に合わせて

  • いくら売上があればいいのか?
  • いくら財産があればいいのか?

を考える方が100倍大事です。

売上も財産も何かを達成するための手段にすぎません。

そして自分の人生の目的は、自分で決めるしかありません。

それに必要な売上が月50万円なら、月100万円、月1,000万円稼いでいる他人がいてもどうでもいいのです。

自分が自分の目的のために、月50万円を稼ぎ続ける行動をしましょう。

私は最低ラインの売上を決めているので、それ以上は割とどうでもよくなっています。

関連>>自分と家族の生活費から逆算して最低ラインの売上を決める。

それに必要な財産が5,000万円なら、1億円持っている他人がいてもどうでもいいのです。

自分が自分の目的のために、5,000万円の財産をキープする行動をしましょう。

他人のことが気になるのは、自分の軸がぶれているときです。

もう本当に、他人の表面的なところばかりが目につきます。

そのわかりやすいものが、売上や財産の金額だったりします。

よっこいしょ、と自分を支えてあげましょう。

他人の目的に注意

もちろん、自分の目的が「どんどん上を目指すこと」なら、止めるつもりはありません。

それがモチベーションになる方もたくさんいると思います。

でももし、「他人の目的」を自分の目的だと勘違いしているようなら、それは違うんじゃないかと思うわけです。

目的と手段が一致しているか、たまには立ち止まって考えてみましょう。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ