働き方

私が月曜日の朝にコーヒーを飲みながらやっている「ひとり会議」の話

月曜の朝はひとり会議

会社員時代は、毎週月曜日になるとほとんどの社員が集まる会議がありました。

社訓を唱和したり

全体の予定を確認したり

連絡したいことを伝えたり

とかですね。

「組織」として社員を管理する方法としては一定の効果がありますが、正直、

「早く仕事したい…」

と思って話を聞いてました。

さて、会社を辞めると全体会議に参加することはなくなりますが

なんか自分のためにやった方がいいな

と思って

ひとり会議

を自主的にすることにしました。

「なんだ、結局やるんじゃ~ん」

と自分でも思いつつ、

  • 組織のために誰かに強制される会議
  • 自分のために自主的に行う会議

は別次元だと思ってやってます。

今回は、私が月曜日の朝にコーヒーを飲みながらやっている「ひとり会議」の話です。

※「ひとり会議」という言葉は、下記の本を書かれた山崎拓巳さんの登録商標のようです。

いつやるのか?

私は、ひとり会議を月曜日の朝にやっています。

仕事は平日にするので、会社員時代の全体会議と同じように週の始まりにやっています。

もし月曜日が祝日の場合、火曜日の朝です。

ひとり会議をするために、よほどのことがない限り、週明けの月曜日には予定を入れないようにしています。

これはもう1つ、週明けに顧客から緊急対応が必要な場合があったときに、パッと動けるようにするため、という理由もあり、予定をあけています。

当然、人によっては「水曜日の午前」がいいとか、「日曜の夜」がいいとかそれぞれだと思います。

自分のちょうどいい時間を探ってやってみるとよいでしょう。

どこでやるのか?

家の中でやることもあれば、お気に入りのカフェでやることもあります。

いずれにしても

「自分が落ち着く場所」

を作るのが大事です。

会社員時代は会社の中でやってたし、コーヒーを飲みながらなんて許されませんでした。

例えば家の中なら音楽をかけたり、今はテンションが上がるように環境を整えてやってます。

何をやるのか?

私がひとり会議でやっているのは、主に「スケジュール管理」と「じぶん悩み相談」の2つです。

スケジュール管理

  1. その週の予定の確認
  2. 原稿や提出物の〆切の確認
  3. 予定や〆切をGoogleカレンダーに登録してリマインダーセット

当たり前すぎることをやってますが、これでだいぶミスを減らせています。

特にリマインダーには何度も救われています(仕組み、大事)。

じぶん悩み相談

  1. 現時点の悩み・不安・課題を紙に書き出す
  2. 悩み・不安・課題の解決策を考える
  3. 解決策を実行するために今週何をするか決める

頭の中だけで考えずに、必ず紙に書き出すところがポイントです。

会社員時代に比べると、今はそんなに予定も少ないし、悩みをずっと抱えているわけでもありません。

10~20分くらい、コーヒーを飲みながらゆっくりやってます。

1週間の中に立ち止まる時間を

会社員時代はとにかく予定は多いし、悩みまくっていて余裕がなかったです。

こうして立ち止まる時間はとれていませんでした。

結果、仕事でミスをしたり、余裕がなくて精神的にうまくいかないこともたくさんありました。

そのときを反省して、「スケジュール管理」と「じぶん悩み相談」を月曜日の朝にやるようにしています。

このほかにも、「将来どうなりたいか」を紙に書き出したり、「ブログの構想」を練ったりすることもあります。

そういえばこのブログ自体も、月曜日の朝の時間から生まれました。

最後に

今回は、私の「ひとり会議」についてご紹介しました。

山崎拓巳さんの『1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書』という本では、他にも「ひとり会議」を行うためのヒントが書かれています。

興味があればぜひ読んでみてください。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ