経理/会計ソフト

【自分で法人税申告】決算申告ファイルの作り方

決算申告ファイル

私は自分の会社の法人税・地方税・消費税申告書を自分で作って自分で税務署等に提出しています。

一般的には法人税の申告書の作成は税理士さんに依頼することをおすすめします。

それでも「自分でやりたい」人のために私の事例をご紹介します。

あくまで私のやり方です。

「こうしなければならない」

というのはありません。

ただ、あまりこういう情報がないので参考になれば幸いです。

今回は「決算申告ファイル」です。

つまり、いろんな書類を作った結果の「完成形」です。

これを税務調査に備えて保管しておきます。

私はキングジムの「キングファイル」に5つのカテゴリーで保存しています。

※たまたまカラーのインデックスが5つあるからこうしているだけです。

<分類>

  • 申告書:法人税、地方税、消費税の申告書、事業概況書、決算書
  • 元帳:残高試算表、総勘定元帳
  • 仕訳帳:仕訳帳
  • 内訳書:勘定科目内訳明細書、内訳明細(通帳コピーなど)
  • 領収書:月別の領収書&レシート

申告書作成ソフト

まず、私が使っているソフトを紹介します。

■法人税

NTTデータの「法人税の達人 Light Editionダウンロード版」を使っています。

電子申告はしていません。個人の所得税と違って特に特典がないからです。

税込み27,170円

■消費税

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で個人版を借りて計算して、手書きしてます。

0円

■決算書

マネーフォワードクラウド会計」の「スモールビジネス(年額)」で作っています。

税込み39,336円

■勘定科目内訳明細書

Excelで作っています。

0円

■事業概況書

Excel(らくらくPDFより無料ダウンロード)で作ってます。

0円

■年間コスト

法人税ソフト27,170円+会計ソフト39,336円=66,506円

ちなみに機能は落ちますが無料で使える法人税ソフト・会計ソフトもあるので、そのうち0円で決算申告ができる方法を考えてみたいと思います。

(参考)税理士に頼む場合

税理士さんに依頼して年10万円で頼めば会計ソフト代だけです。

正直、自分で作るより依頼して、空いた時間で稼いだ方がいいと思います。

費用対効果です。

税理士報酬100,000円+会計ソフト39,336円=139,336円

申告書

まず「申告書」です。

ここには次の順番で並べています。

  1. 定時株主総会議事録(決算を承認するためのの株主総会)
  2. 臨時株主総会議事録(あれば)
  3. 納付税額一覧表(法人税の達人で出力)
  4. 法人税申告書(別表一、二、四、五、六、八、十五、十六など)
  5. 適用額明細書
  6. 地方税申告書(第六号、第二十号様式など)
  7. 消費税申告書(申告書、計算書)
  8. 消費税計算の根拠資料(マネーフォワード会計の「税区分集計表」「勘定科目別税区分集計表」)
  9. 決算書(貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費の内訳書、株主資本等変動計算書、個別注記表)
  10. 事業概況書(※18,19欄は「別紙参照」)
  11. ※月次推移表(マネーフォワード会計より出力)
  12. ※当期の営業成績の概要(Wordでオリジナルの文書を作成)

最後の「事業概況書」は、裏面(2ページ目)に

  • 18 月別の売上高等の状況
  • 19 当期の営業成績の概要

の2つを書く欄がありますが、私は「別紙」と事業概況書に書いて、「月次推移表」と「当期の営業成績の概要」の資料を一緒につけています。

元帳

次は元帳です。

  1. 残高試算表
  2. 総勘定元帳(マネーフォワード会計より※)
  3. 補助元帳(マネーフォワード会計より※)

※2ページで1枚になるように印刷しています。

残高試算表を出すのは、総勘定元帳と補助元帳の漏れがないようにするためです。

仕訳帳

3番目は仕訳帳です。

  • 仕訳帳※

※2ページで1枚になるように印刷しています。

内訳書

4番目は内訳書です。

  1. 勘定科目内訳明細書
  2. 内訳明細(通帳コピー、売掛金、前払費用、有価証券の残高、未払費用、雑収入など根拠資料)

内訳明細は、勘定科目内訳明細書を作るための根拠資料を出力しています。

例えば「預貯金等の内訳書」は

  • 通帳コピー
  • ネットバンキングの入出金明細

をつけています。

関連>>【クラウド会計で簡単経理】ネットバンキングと銀行連携して、預金残高を自動で合わせよう!

ミス防止ですね。

税務調査が来たときにも、すぐ説明ができます。

他にも必要と感じたものは出しています。

領収書

最後に領収書です。

  • 月別の領収書&レシート

私は毎月経理をしているので、そこで集めた領収書やレシートをファイルの最後に置いています。

関連>>【ミスを減らそう!】私が月末に使っている経理チェックリスト

最後に

今回は、私の決算申告ファイルについてご紹介しました。

決算申告ファイル

ふつうは税理士さんに頼んで資料一式をもらうかもしれませんが、自分で作るとこんな感じです。

あ、自分で作る場合はファイル代も必要ですね。

キングファイルは書類がたくさんあってもしっかり保管してくれるので愛用しています。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ