会社設立

【ひとり会社設立体験談】資本金はいくら必要か?少なくしすぎて失敗した話

ひとり会社の資本金

昔は

  • 株式会社:最低1,000万円
  • 有限会社:最低300万円

の資本金が必要でした。

平成18年に会社法が改正されて、「資本金1円」からでも会社が設立できるようになりました。

しかし実際に1円で会社を設立するケースは少ないのではないでしょうか。

自分が見ている範囲では、小規模な会社なら資本金50万円~500万円あたり、特に100万円~300万円が多い印象です。

ちなみに自分の会社は資本金50万円にしましたが、銀行口座開設で苦労しました。

今回は会社の資本金に関する自分の失敗談について書きました。

※「株式会社」の前提でお読みください。

資本金の最低ラインは1円

資本金の会社法上の最低ラインは1円で、上限は特にありません。

ただし「1円で会社が設立できる」といっても、これは「会社設立の登記」のときの話です。

実際に会社運営をするときは1円では何もできませんよね。

たいていは

  • 資本金を「数か月の運転資金」に見合った金額にする
  • 「役員借入金」で足らない分だけ社長からお金を借りる

ことになります。

どんな事業を行うかにもよりますが、30万円以下ではすぐにお金がなくなりそうです。

資本金1,000万円以上で消費税がかかる。

会社法上は上限がありませんが、一般的には資本金1,000万円未満にします。

資本金1,000万円以上になると、設立した年から消費税がかかるからです。

資本金と消費税

ふつうは2年前の売上で判定します。

しかし、会社設立のときは「2年前がない」ので、例外的に資本金で判断します(それ以外の基準もありますが、今回は省略します)。

資本金1,000万円ジャストはキリがいいですが、税金的には不利ですね。

税理士さんに相談すると

「消費税のことを考えると資本金は1,000万円未満にしましょう」

と言われる理由です。

ただ、ひとり会社の場合は、資本金が500万円もあれば十分かと思います。

一般的には1,000万円以上になることはないのではないでしょうか。

なお、2023年10月からはじまるインボイス制度が関係する場合は、資本金にかかわらず、設立1年目から消費税が関係します。

資本金1,000万円超は均等割に注意

会社を作ると、赤字で毎年払わないといけない税金があります。

それが都道府県・市町村に払う「法人住民税の均等割」です。

ふつうは「7万円」ですが、資本金1,000万円を超える18万円前後に増えます。

資本金と均等割

7万円も決して少ない金額ではありませんが、何もしなくても毎年18万円を払い続けるのはもったいないですね。

そのため、やはり1,000万円を超えて資本金を設定するメリットはありません。

資本金が少なすぎると口座開設で苦労する。

さて、ここからが失敗談です。

最初に書いたように、自分の会社は資本金50万円にしました。

私はネットビジネスや経営コンサルタントが主な事業です。

特に大きな固定費もないので

「運転資金が50万円でも数か月はいけるな」

と思ったからです。

ただ、これは失敗でした。

すぐに口座開設できない銀行があったらです。

それがメガバンクとネットバンク(楽天銀行)でした(※自分の場合)。

しばらく前から、マネーロンダリングなどに「実体がない会社」が悪用されるのを警戒して、銀行では法人口座に対して厳しくなっています。

あまり資本金が少ないと作りにくい傾向にあります。

まあ、事業内容も微妙だった気はします。

自分の場合、ゆうちょ銀行、信用金庫、地方銀行からはじめて、取引実績ができてから他の口座も開設しました。

関連>>【ひとり会社設立体験談】銀行口座をメガバンク、地方銀行、信用金庫、ゆうちょ、ネットバンクで作った感想

資本金を増やすにはお金がかかる!

「資本金が少ないなら、後から増やせばいいじゃない」

という指摘はそのとおりです。

でも、資本金を増やそうとすると登記が必要なので、追加でお金がかかります。

会社の設立時にも登録免許税という税金を払いますよね。

株式会社の場合、資本金1,000万円未満なら一律15万円かかります。

資本金50万円でも300万円でも会社設立時の登録免許税は15万円です。

資本金を増やす(=増資)ときにも登記が必要です。

登録免許税は最低3万円(増資金額×0.7%)を払います。

最初から資本金300万円くらいにしておけば、余計な税金も手続きの手間もいらなかったなと思うところです。

<登録免許税>

資本金50万円⇒300万円300万円
会社設立時15万円15万円
増資時+3万円

取引先で資本金を気にするところはあるか?

最後に「取引先」の話です。

昔は、資本金=会社の規模を表す指標の1つでした。

最近は資本金が実態を表していないことが多いので、取引をするときに資本金を気にしない会社も増えたように思います(銀行を除けば)。

しかし、ある程度おカタい業界の会社と取引しようと思うと、資本金が一定額以上ないと門前払いになるところもあります。

この辺りは自分の行う事業や取引先企業次第ですね。

まあ、ネットビジネスでは資本金の大小は何も関係ないので、50万円にしてしまったわけですが。。。

まとめ

ひとり会社として資本金の金額を決めるときのポイントについてご紹介しました。

  • 資本金は1円でもいいが、最低でも100万円あった方が無難
  • 資本金1,000万円以上になると消費税の対象なので1,000万円未満がおすすめ
  • 資本金1,000万円超になると法人住民税の均等割が7万円から18万円になるので多くしない方がいい
  • 資本金を後から増やそうとすると余計な税金を払う必要がある
  • あまり資本金が少なすぎると銀行口座が開設できない場合もあるので、その場合は他の銀行も考える(ゆうちょ銀行、信用金庫、地方銀行)
  • 取引先が資本金を気にする場合がないか念のため確認

会社を設立する際の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ